その日々での出来事や思ったことを綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
バイバイ
昨日、ニホンモモンガを山に帰しました。

約半年間飼育してたけど、この娘はあまり慣れなかった。。
IMGP8783s.jpg

また会おうね。 バイバイ!
スポンサーサイト
2008.07.29 Tue 09:04:17 | 湯本の生き物| 0 track backs, 5 comments
環境とキキョウ
よさこいの本番は晴れ。
IMGP8031s.jpg
大音響の音楽も流れたけど、天栄村に活気が持ち込まれるのはたまにはいいと思う。
でも、大会を参加してみて環境への配慮に関して改善点は多々あると感じた。



大会の帰り際、キキョウの群生を見つけたが、これは自生だろうか?
IMGP8753ks.jpg
園芸種の可能性も?
2008.07.27 Sun 21:36:33 | 湯本の風景| 0 track backs, 6 comments
よさこい祭り
レジーナで開催される「ジュニアよさこいソーラン東日本大会」。

昨日(26日)は前夜祭。
IMGP7661s.jpg
最初からテンションMAXのMC。


まずは天栄中・湯本中の演舞で始まった。
IMGP7674s.jpg
スモークたき過ぎだよ!!


各チームの演舞の後に、レジーナの演出が入る。
IMGP7964s.jpg
久々の露光間ズーム撮影。



最後は、太鼓と花火で締め。
IMGP7995s.jpg


初めて見に行ったんだけど、結構見ごたえがあっていいと思う。

今日が本番です。
今日も撮影の練習に行きます。
●報の記者と勝負だ!
2008.07.27 Sun 07:17:42 | 湯本の風景| 0 track backs, 1 comments
光るキノコ
今日(26日)の民友新聞の一面に、天栄村湯本で確認した光るキノコの写真が掲載されました。

まだ見ていない人はコンビニに走ってください。

手遅れだった人は図書館で見てください。


追加:光るキノコの記事が見れます(←クリック)
2008.07.26 Sat 15:53:20 | お知らせ| 0 track backs, 4 comments
その節はお世話になりました
休耕田の畦(あぜ)に咲いているヤブカンゾウIMGP7562s.jpg
お金が無かった今年の春には、若芽を摘んで食べました。

花も食べられるそうですが、今は少しお金があるので食べなくて済みそうです。

2008.07.22 Tue 23:07:20 | 湯本の風景| 0 track backs, 2 comments
今年もみっけ!
カメムシタケ(冬虫夏草の1種)を発見!
IMGP7539s.jpg

去年の8月に見つけたカメムシタケはオレンジ色だったけど、
今日見つけたのはきれいな赤い色だった。
時期によって色が変わるのかもしれない。

掘り出してみると、案の定…地面からカメムシが出てきた。
IMGP7541ks.jpg

今年はカメムシタケ以外の冬虫夏草も見つけたいなぁ。


※冬虫夏草は、昆虫などに寄生する菌類。
 カメムシタケは土の中で冬眠中するカメムシ類に寄生し、
 夏になると子実体が生えてくる。
 湿った林内で見つかる。
2008.07.22 Tue 12:13:31 | 冬虫夏草・菌類| 0 track backs, 0 comments
モモンガ漬け
今日から(?8月27まで)夏休みに入った。

9月に学会発表をするので、発表するデータの整理をしてみた。
天栄村で撮影されたモモンガの写真は、300枚以上
080719_2102~0001

撮影時間などをパソコンに打ち込む… さすがに飽きてきた。
つづきは明日やろう。

学会まで頭の中はモモンガでいっぱいです(笑)
2008.07.19 Sat 21:19:38 | 未分類| 0 track backs, 0 comments
●育委員会には言わないでください
教材が完成しました。

080716_0627~0001

内容物:●カ肉(あの娘)、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、マイタケ。
 (カレールーは3種類ブレンドしました)

追記:
やはり分量が少なすぎたようで、一人分はほんの一口になってしまった。
今度やるときは多めに作るね。

みんな残さず食べてくれたので、
一晩かけて作った甲斐があったということだね。

2008.07.16 Wed 06:36:21 | 授業| 0 track backs, 2 comments
ムサ・モモ授業
テーマは「ムササビ・モモンガの滑空の探求」
この授業も4校目。これまで勤務した学校全てでおこなっている。
資料を参考に自分なりにアレンジしている。

ムササビ・モモンガの簡単な生態を説明してから、
重心飛膜の効果高さによる飛距離の違いについて滑空モデルを使って実験した。

滑空モデル作り風景。 材料は紙と割り箸。
IMGP7406s.jpg


重心や翼(飛膜)の角度をうまく調整すれば、結構飛ぶ!
IMGP7412s.jpg

これは誰の手でしょう?


剥製やぬいぐるみの他にモモンガ(生体)も連れてきた。
体の大きさを実感してもらったり、体の構造を観察してもらったりした。
IMGP7416s.jpg

このモモンガはある程度慣れているので触れます(でも皮手の着用は必要)。


〈生徒の感想を一部紹介〉
●リスとは違う点がわかった。
●ムササビとモモンガの体はすごく細いことがわかった。
●飛べるのに活動範囲がせまいのは驚いた。
●重心が分散している方が飛べると思ったけど違った。
●予想と違うことが多く驚いた。モモンガの飛膜にはちゃんと意味があるのだと感心した。
●なんで鳥みたいに飛ばないでムササビは滑空なの?

2008.07.11 Fri 20:21:48 | 授業| 0 track backs, 6 comments
消えゆく灯
いま夏の風物詩ともいえるホタルが見ごろ。

ライトを消してホタルの光を探していたら、弱々しい光があった。
よく見るとクモの巣にかかったヒメボタルだった。

IMGP7407ks.jpg

「ヒメボタル」陸生のホタルの一種で、水辺ではなく林に生息する。
ゲンジボタルやヘイケボタルより知名度は低いが、
ヒメボタルは自分が初めて見たホタルなので愛着がある。
2008.07.10 Thu 22:06:47 | 湯本の生き物| 0 track backs, 0 comments
とある道で
ある道を歩いていると、カラスがいた。
近づいても飛ばないのでよく見ると、ヒナのようだ。
IMGP7360s.jpg

「ハシボソガラス」
親が木の上でうるさく鳴いていたので、写真を数枚撮ってすぐその場を離れた。


少し進むと、今度は小動物が横たわっていた。
IMGP7374s.jpg

「ヒミズ」(モグラの仲間)
ヒミズはこんな感じで地面に死体が横たわっていることがよくある。
…肉食動物が襲ったが食べないで置きざりにしていくことがあるそうだ。
でも、実際に見たことないので、原因はよく知らない。
太陽の光を浴びて死んだのではありません

きれいだったので、お持ち帰り→冷凍庫へ。 ラッキー♪
2008.07.05 Sat 11:26:08 | 湯本の生き物| 0 track backs, 4 comments
ポートレート
「キクガシラコウモリ」

IMGP7342s2.jpg

撮影協力: O高校 I君、Kさん、Sさん
2008.07.05 Sat 10:47:47 | 湯本の生き物| 0 track backs, 3 comments
O高校のみんなへ
生物のテストはどうでしたか?

もし赤点者がいた場合は…みんなでシカ肉パーティーをやります(マジで)

2008.07.03 Thu 15:45:20 | お知らせ| 0 track backs, 9 comments
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。